ネットでお店を開くならBASEなのか?

最近CMでたまに見るのが「ネットでお店を開くならBASE」
通常ネットショップを開くと言うと
・楽天やアマゾン、Yahoo などの巨大モール内に店を出す
・カートシステムを提供しているASPと契約してお店を出す
の2パターンがあります。
まあ、この2パターンは現実世界とほぼ同じ。
モール出店は、ショッピングモールの一角に店を構える方式。この方式のメリットは集客力が段違いという事。
モール内は、人が沢山出入りしているので、自然と自分の店にもお客さんが来てくれるというわけ。
デメリットは、家賃が高い事。。これも現実世界と同じ
一方、BASEなどのASPと契約して、お店を出すのは、郊外の何にもない場所にお店を立てるのに似ている。
頑張って集客しないと、お客は来ないけれど、BASEなどのASPは、モール型に比べると家賃が安い。
つまり、毎月の固定費が少ないのだ。だから、集客さえうまくいけば、モール型よりも安定して利益を出せる可能性があるって事。
これからは、リスクを少なく、モールの集客力に頼らないネットショップ運営が基本になってくるのだろうなと思う。実際BASEの出店店舗数はものすごい勢いで増えているしね!!
BASEでお店を始めるのなら・・・このブログを見ておいた方が良い。
お店の立ち上げ方から、運営上問題になりそうな事の解決法までかなり詳しく記事が書かれているよ!!
山猫のネットショップ開業講座 トップページへのリンク