婚活パーティに失敗しまくる友人

私の友人は婚活パーティに参加しまくっています。今も参加していることからも分かる通り、婚活は成功していません。パーティでの出会いは実は難しいと思うのですが友人はめげずに頑張っています。そんな友人の失敗体験を紹介します。
友人は大学職員をしている28歳。収入はかなり高いのですが、いわゆる「子供部屋おじさん」で、雰囲気が全然大人っぽくありません。最初の婚活パーティは、収入をアピールしまくって女性と連絡先を交換したらしいのですが、後日連絡を取り合って会ってみたら宗教の勧誘だったそうです。
あまりにもありきたりの失敗ですが、それにめげた友人は、お金目当ての女性を嫌って、収入アピールをやめました。代わりに、趣味で婚活をすることにしました。友人はオタクなので、特撮ファンが集まる婚活に行ったそうです。昨今は女性の特撮ファンも多く、友人はここでも話の合う女性を見つけることが出来ました。最大のチャンスをものにしたはずなのですが、そのあと話を聞いたら、会うのを辞めたと言いました。しばらく会っているうちに、好きな作品の傾向が違うことに気づいたそうなのです。趣味が同じ人の婚活が怖いのはこの部分で、オタクは実はこだわりが強く、一口に「アニメ好き」などでくくれないのです。面倒くさい……と思っていたら、追い打ちをかけるように、「しかも喫煙者だった」と言いました。煙草を吸う女性は嫌なのだとか。そのくらい勘弁してやれよ…と思いました。感性が子供っぽいと婚活は成功しにくいなあと思いました。
今では性癖でマッチングしてくれるサービスで相手を探しています。
>>性癖でマッチングしてくれるアプリと結婚相談所の比較