本との再会とリスタート

久しぶりに読書をした。
コロナで会う機会がめっぽう減ってしまっていた友達が久しぶりに会った出会い頭にこれ読んで!!!と渡してきたのでじゃあ読むか、と重い腰をあげたのである。
最近は紙の本に触れて向き合うことが非常に減ったと我ながら感じていたので、また本の虫になるかと取り組むことにした。
元々は本が大好きで休み時間には図書館の床に寝っ転がりながら本を読んでいたのに、何が起きたのだろうか。
隙間時間に読もうと電車で読み始めた。
紙の本との邂逅は久しぶりで懐かしくて、自分が過ごしてきた時間が軽く責められているような気もした。
もっと本を読めばいいのにと言われているような、そんな気分だった。
でもとても楽しかったし、また関係を築いていこうと思いながら電車に揺られた春の日だった。