聴診器の種類ってなにがある?

聴診器とひとことに言っても種類があるのはご存知でしょうか?
聴診器の種類を知っておくことで、あなたに合ったものが選びやすくなると思います。
聴診器にもいくつか種類がありますが代表的なものにシングルタイプとダブルタイプがあります。
聴診器の患者さんに当てる部分ことをチェストピースといいますが
膜面(ダイヤフラム)だけのものはシングルタイプ
膜面とベル面があるものをダブルタイプに分類することができます。
膜面は基本的に心臓や肺・腹部などの音を聴取する目的で使用します。高音の聴取に適していると言われています。
一方で、ベル面は低音域や微弱な音に適していると言われており、心雑音の聴取に役立ちます。
基本的に、看護師の通常業務では膜面しか使わないので、シングルタイプの聴診器でも問題はないです。
ただ、ベル面は心雑音を聞くのに適しているので循環器内科、心臓外科の診療に携わる方にはダブルタイプがおすすめです。
また、お腹の中の赤ちゃんの音を聴きたい方にもダブルタイプがおすすめですね。
「なんだか複雑でわけがわからん…」という方は
様々な用途で使えるダブルタイプの聴診器を選ぶといいと思いますよ!
子供を産んだあとに、ものを揃えるのでは遅いので、必ずいまの時点でベビーベッドやオムツ、知育玩具などを買いそろえておきましょう。
また、出産したあとにも使えるようなマタニティウェアも買っておくとなにかと便利。スウィートマミーがおすすめです。またマザーズリュックもかなり役に立ちます。ウィローベイは軽くてママさんに評判です。
ただ、ウィローベイ 店舗は東京や大阪などの都心にしかないので注意しましょう!